わたしのイチオシ

2024.06.27

肌をうるおす保湿スキンケア
保湿クレンジング

研究開発部 嘉部薫

乾燥肌にも混合肌にも心地よい

乾燥肌にも混合肌にも心地よい

Q. 帰宅後のルーティンがあるそうですね。

嘉部:

手洗い、うがい、クレンジングです。クレンジングまでしてさっぱりすることで、仕事とプライベート、気持ちの切り替えがうまくいっているような気がします。

 

肌をうるおす保湿クレンジングは、手に出した直後だと少し硬いんです。それが肌になじませるうちに体温でやわらかくなり、じわじわと温かくなってくるんです。テクスチャーと温かさの変化で気持ちがホッとします。洗い流した後はしっとりして、入浴時に洗顔するまで、何もつけないでいてもつっぱらないのが特にうれしいです。

 

もともとは乾燥肌なのですが、マスクを着けるようになってから頬が荒れてしまいました。口まわりは粉が吹くほどです。ただ、皮脂量が多くなった部分もあって、乾燥肌から混合肌に変わったようです。肌質は変わりましたが、肌をうるおす保湿クレンジングの使い心地のよさは変わりません。

 

ただ、一度失敗したことがあるんです。メイクと皮脂をとことん落とそうと思って、使用量を多めにしたんです。たぶん2倍くらいの量を使ったと思います。そうしたら、てきめんにつっぱりました。それ以来、推奨量(2~3cm)をしっかり守っています。お客様にもぜひ推奨量でお使いいただきたいと思います。

Q. ふだんはどんな仕事をしていますか。

嘉部:

研究開発部に所属し、墨田本社で原料の担当をしています。具体的には、原料の探索や新規原料の購買手配です。生産部、生産管理部、品質保証部と連携しながら仕事をしています。並行して製品の処方開発もしています。自分が検討した試作品が生産部によって実機製造される、最終製品になる、お店に並んでお客様が手にされる。そのような光景を見かけるたびに、とてもやりがいを覚えます。

Q. 仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

嘉部:

いつまでに何をするか・してほしいかをはっきりさせることです。常に納期を意識しながら依頼をし、あるいは返信をしています。納期は信用にかかわることなので、細心の注意を払っています。また、原料の協力会社様と社内開発スタッフの橋渡しができるよう、情報共有を怠らないようにしています。少しでも迷うことがあれば相談する。相談の前に、まずは自分の考えを整理することがポイントです。このワンクッションを入れるようにしてから、同じミスを繰り返すことがほとんどなくなりました。

保湿クレンジング

じわじわ温かくなるのは、グリセリンが水と反応して発熱するためです。グリセリンは、メイクとジェルをなじませるときの摩擦を軽減するクッションにもなります。急いでゴシゴシ使うのではなく、ゆっくり円を描くようにメイクとなじませてください。じんわりした温かさvで、ぜひホッとしていただきたいと思います。

過去のイチオシ一覧